Google Analyticsで解析 | 清水健太郎の教育研究・補助教材サイト

清水健太郎

Google Analyticsで解析

Google Analyticsで解析

自分が制作したページが、どんなユーザに、どのような時間帯にアクセスされ、どのページが人気あるか等、多角的に解析することが出来ます。アクセス解析という技術ですが、サイトの利便性を高める為にも、アクセス数を高める為にも、大変に重要な要素です。

Google Analyticsを利用するには、Googleアカウントが必要になります。まだGoogleアカウントを持っていない人は、こちらから作成出来ます。

アクセスコードの埋め込み

Googleアカウントを取得したら、Google Analyticsへいきましょう。ここで指示に従って自分のサイトを登録すると、埋め込み用のコードを自動的に生成してくれます。このコードを、自分のサイト内の全てのページに埋め込みましょう。例えばこのページのソースを見ても、headタグ内にアクセス解析用のコードが入っています。このコードが埋め込まれたページへ誰かが訪れると、その人の動向やアクセス人数等がカウントされていき、結果自分のサイトのアクセス解析として反映されていきます。